せふれサイトというと「悪質」というイメージが付きまとい、あまり良いイメージを持たれていません。それはせふれサイトの定義というものが社会的に全く知られていないからだと思われます。

マスコミ報道などを発端にして、その存在が社会的にも知られるようになったせふれサイトですが、2008年12月1日には【インターネット異性紹介事業を利用した児童を誘引する行為の規制等に関する法律】が施行され、事実上の「せふれサイト規制法」でその定義付けが行われました。

つまりインターネット上での異性紹介事業ということで、同じ異性紹介業でも、インターネットを介さない結婚相談所は該当しないということです。法規制が始まってからは、サイトを利用した異性紹介業者は公安委員会に申請をしなければいけないのですが、法改正後、約1ヶ月で届け出があった業者はわずか1700件ほど。

しかし現在、ネット上には1万以上ものせふれサイトが存在しています。つまり、今も大半のせふれサイトは法規制を無視している業者で、せふれサイトとは認められていないということを利用者もしっかり認識しておかなければなりません。

情報サイトなどを見ていると、ごく一部のまともなせふれサイト業者でさえ、裏では悪質なことをしているような気がしてきます。しかし実際には悪徳業者がせふれサイトのような形態を装っているのがほとんどでしょう。

以前は「ワンクリック詐欺」「不当請求」「架空請求」と言えばアダルトサイトで多かった詐欺ですが、今ではせふれサイトでの報告が多くなっています。それはどういう事かというと、実際には異性紹介業の実態などない業者が、せふれサイト入会費を搾取するのを目的にしているということです。

これはインターネットの普及と共に、せふれサイトの存在が社会的にも知れ渡り、身近なものになったせいだと言えます。この後、報告されている様々な詐欺の手口、利用者の被害実例などを紹介していきますが、かと言って、せふれサイト全てが恐いというワケではありません。

実際にせふれを通して結婚に辿りついたというカップルもたくさんいます。ただし、悪徳業者が多いのも事実、騙されない為には自己防衛は必ず必要です。

おすすめせふれサイトでセフレを作ろう

メールのやり取りをして親しくなれば、次はリアルで会おうという話になると思います。せふれサイトで知り合った顔も名前も知らない相手と会う事に対する不安はやっぱりありますよね。そのため、デートに誘う時も、いきなりカラオケや居酒屋の個室などといった室内の密閉空間だと警戒されてしまいます。

例えば今の時期だと、花火大会やお祭りに誘ってみたり、共通の趣味があるなら趣味に関したイベントに参加すると一気に距離が縮まるかもしれませんね。映画も映画上映中は会話する事が出来ませんが、映画を見終わった後にご飯を食べながら映画の感想を言い合うなど、共通の話題が生まれるので初デートには適しているかもしれません。

何はともあれ、相手が興味のある事に誘わないと楽しんでもらえないので、どんなデートなら相手が喜んでくれるかメールのやり取りの中で調べておきましょう。

デートの内容も大切ですが、デートの待ち合わせ場所も大切です。人が多すぎる場所だと、お互いに顔も知らない場合は、待ち合わせ場所にいるどの人か探すのが大変ですし、逆に人通りが少ない場所なら不安要素にもなります。今の時期なら外で待ち合わせすると暑いので涼しい場所で待ち合わせをするようにしましょう。

待ち合わせ場所のセレクトが悪ければ、相手は待ってる間に、やっぱり不安もあり帰ってしまう事もありえます。せっかくせふれサイトで知り合い、デートまでこぎつけたので、デート内容、待ち合わせ場所にも十分考慮して下さいね。